Androidのアプリ開発は儲かるか 知っておきたいプログラミング

Androidのアプリは儲かる?

Androidのアプリは、マーケットの充実ぶりから見ても、
今後もその数は爆発的に増えていくでしょう。

iPhoneにつけられた遅れは、一気に克服してしまうと思われます。

誰でも開発できる環境が用意されているAndroidアプリの背景について、
アフィリエイターの視点から今後の動向について考えてみようと思います。

そもそも、なぜアプリを開発して、無料で配布するのか。

アプリとは、プログラムのことです。
このプログラムが、自分の設定に従い、Android端末を操作します。

アプリをインストールすることで、様々な機能をAndroidに追加できます。

例えばインターネットのページを見るアプリをブラウザといいます。
音楽を聞く、動画を見る、ツイッターに投稿する。
おサイフケータイなど決済を簡単にする。
赤外線通信で、相手と情報交換する。
ボイスレコーダーなど、音声を録音し、ファイルに出力する。
カメラボタンを押せば、カメラアプリが自動的に起動しますし、
その他、ゲームアプリもありますね。

使う人によって用途は様々ですが、無意識の内にアプリを使い分けていると思います。

このアプリは、プログラマーが開発をしています。

そしてAndroidのアプリは無償のものがあります。

無償で配布する目的は様々ですが、
プログラマー、企業のブランディングの為とも考えられます。

人気アプリを開発できれば、有名になり、
より条件の良い案件を取引できるようになるということです。

なんとかアプリの何々さんですね。知ってます。」と取引先に予め、
認知されるようになるということです。

要するに知名度アップの為の、先行投資です。

ですから、無料でダウンロードでき、使用することができます。

一方有償で提供されているアプリはどうでしょうか。
期間限定や機能限定でで使用許可が与えられ、気に入ったら
購入していただくというスタイルが一般的かと思います。

余談になりますが、Androidのアプリでは、15分間の試用期間が設けられています。
15分以内に取り消せば、課金されません。

一度開発してしまえば、優れたアプリであれば、クチコミで広がり、
宣伝されます。

今や、ネットクチコミというのは、凄まじい効果がある時代です

中身がダメだったら、即座に悪いクチコミが伝染します。
逆に良い商品であれば、良いクチコミがどんどん広がります。

私自身、マーケットでのアプリのレビューというのは、かなり参考にしています。

アプリ販売というビジネスは、ダウンロードという形で販売されるため、
商品を配布する手間がなく、決済も自動というのが最大のメリットです。

ヒットするような役に立つ高機能なアプリを開発できれば、
多くの金額を得ることができます。

アプリ開発者は、Androidマーケットで自分のアプリを配布するために、
登録料を支払っています。

自分のホームページやブログでも配布できますが、集客や世界展開を考えると、
やはり有料でもマーケットで配布すると思います。

現実的には、有料のアプリはダウンロードするのにためらいますよね。
たとえ数百円のアプリだとしても。

誰かがいいよと言わない限り、進んでお金を払ってダウンロードする人は少数派だと思います。
他に無料のアプリがないだろうか、と普通に思うはずです。

利用する側としては、こんな単純なことで良いので、理解しておいたほうがよいかと思います。
納得した上で購入するようにしたら良いと思います。

さて、アフィリエイター目線でこのアプリ開発を考えてみます。

いわゆる情報教材、情報販売というのは、単純にノウハウをファイル化し、
まとめたものが提供されます。ジャンルによって違いはありますが、
ノウハウをまず文章で学ぶということです。

高い本を買ったのと似たようなものですが、商品によって、著者と直接
コンタクトが取れる、サポートが受けられるというメリットがあります。

最近は、初心者にもより分かりやすいように、解説動画つきの教材が
増えてきました。

ほかに、ツール系、例えばサイト自動作成や、SEO対策としての被リンク自動生成など、
アフィリエイトに特化したツール(プログラム、ソフト)も販売されています。

アフィリエイターとしては、このツール系の商材の裏を知っておくと良いと思います。

こちらは、用途が自分の属性にマッチすれば、頼もしい味方になるものです。
稼ぐ系でいえば、自分の手作業の負担を大幅に減らすことができるようなものがあります。
販売者のサポートを受けられる特典付きで販売されているものが
多いです。特典はかなり充実したものが発売されており、購入者のSNSが、
販売と同時に立ち上げられているものもあります。

むしろ、サービスが不十分な教材は購入してもらえない時代になってきたので、
中身が濃い教材が増えてきていると言えます。
要するに、アフィリエイターに認められるような、サービス満点の内容で、
紹介しやすい商品でないと爆発的には売れないということです。

レビューをするときには、ツールの性能を評価することになります。

実際どのように役に立つのか。
ツールを使うことで、どれくらい時間が削減できるのか。
どのような効果がもたらされたのか。
使いやすさはどうか。
マニュアルは詳しいか。
使用者のレベルは初心者向けか。中級者向けか

目線をどんどん追加することで、そのツールの性能を詳しくレビューすることができます。

詳細なレビューを成功させれば、自分の紹介で購入していただくチャンスが増えます。

今後は、パソコン向けのツールだけではなく、スマートフォン向けのアプリも
どんどん登場してきます。
情報教材の目玉商品になると思います。
たとえば、ダイエット系の商品であれば、食べ物の記録をしてくれるアプリ、体重を記録できるアプリ、
今後の食生活について指示してくれるアプリがセットになった教材など考えられます。

ツール系の情報教材は、販売者が直接開発しているものもあれば、
販売者とプログラマーが業務提携し、開発して販売しているものもあります。

アフィリエイターとしては、開発がどのようなものか知っておけば、
迫力ある詳細なレビューが出来るようになると思います。

最近読んだ本ですが、プログラミングの入門書が発売されています。

最初からきちんと学びたい人のプログラミングの入門書 (日経BPパソコンベストムック)

コンピュータの進化の歴史は、プログラム開発の歴史でもあるわけです。
これまでに、どんな言語が生み出され、現在どんな言語でプログラムが開発されているのか。
ざっくりですが、入門書としては、大変よくまとまっています。

アフィリエイトリンクでよく目にする、「JavaScript」って、知っておいて損はないと思います。

過去約50年に及ぶプログラムの歴史から、最新のAndroidのアプリ開発まで。記事の内容は幅広いです。

先の話かもしれませんが、自分がアフィリエイターを脱皮し、インフォプレナー
(情報教材の販売者、開発者)になるかもしれません。
このようなツール(アプリ)があれば良いのに。と閃く時がくるかもしれません。

その時、自分で開発するのではなく、腕のたつプログラマーと提携し
開発することになるでしょう。専門家にはかないません。任せてしまえばいいです。

プログラミングの基礎を知っていれば、話もまとまりやすいですよね。
何ができて、何ができないか。判断できると思います。
アフィリエイターは、ネットで販売するプロフェッショナルですから。
本業に集中します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ