スマートフォンのバッテリー対策ZAGGsparq2.0

スマートフォンを使ってみてわかったのですが、

「電池が異様に減る」

ということです。

スムーズなWebアクセス、メールの送受信、音楽を聞いたりビデオを見たりなど、
携帯電話とは比べ物にならない使いやすさのスマートフォンですが、
電池がなければ役に立ちません。

外出先で充電環境があればいいですが、そうでないこともあります。

また、いちいち道中のどこで充電できるのか考えて行動するのも億劫です。

いろいろ探してみましたが、スマートフォンとともに、
携帯電池を持ち歩くという方法を紹介します。

さすがにポケットには入らないのでカバンなど必要になりますが。
パソコンを持ち歩くよりは、ずっと軽いので、いいと思います(個人的に)。

おすすめ商品はこちらです。

ZAGG SPARQ 2.0

「ZAGGsparq 2.0(ザグスパーク)」ポータブルバッテリー 6000mAh リチウムポリマー電池

以下、ヤフオクの商品説明文です。

本体をフル充電にすれば、どんな場所でも充電が可能です。
外出先でもほとんどの電子機器を複数回フル充電することができます。

一旦本体のフルチャージ完了すれば、消費電力の高いiPhone 3Gでも4回、
iPhone 4では3回フル充電することができます。

※チャージ回数はあくまでも目安であり、
使用状況によっては多少異なることがあります。

二つのポートで同時に充電できます。

充電用のUSBポート2口(iPhone最適化ポートと一般機器用ポート)を搭載。
複数の機器を同時に充電することができます。

ACアダプタが不要です、内蔵しています。

バッテリーが空の状態でもコンセントに接続すればバッテリーも携帯も同時に充電できます。

詳しい情報はメーカーサイト↓↓↓

http://www.zagg.com/accessories/zaggsparq.php (英語版ですが)

以上、説明文。

使ってみましたが、たしかにフル充電できました。

スマートフォンの充電は、コンビニでよく売っている
単三電池2本のタイプの充電器では歯が立ちません。

単体で満充電できるものは、現時点ではあまり売っていません。

GIGAZINEでも紹介されていますね。もっと強力なのもあります。停電時でも携帯電話やスマートフォン、ノートパソコンを充電できる大容量外付けバッテリーまとめ – GIGAZINE

iPhone4で3回、フル充電できるそうですが、テスト中です。

⇒テスト結果。私のREGZA Phone T-01Cでは、
2回フル充電+50%充電で、2.5回でした。
REGZA Phone T-01Cバッテリー容量は1300mAhです。

購入する場合は、REGZA Phone T-01Cに限らず、
お使いの端末のバッテリー容量を確認し、その容量を
上回っていないと、満充電できません。

また、ZAGG Sparq 2.0 はなかなかの大きさです。

3.5インチフロッピーディスク8枚くらい重ねた大きさです。245gとは少々重いですね。

購入先ですが、私の場合は、ヤフオクで5,400円で落札できました。

最後に、電池を長持ちさせるコツ。

スマートフォンやケータイに使われているリチウムイオン電池は、継ぎ足し充電可能な電池です。

これは、電池の残量がどんな状態でも充電可能という意味です。

例えば、電池は残りがほとんどない状態で充電しないといけないとか、
いろいろ都市伝説がありますが、実際にはそうではないのです。
気兼ねなしに充電器にセットしましょう。

一番いけないのは、充電しながら放電すること。

充電しながら通話するといった行為は電池の寿命を縮めます。

余談ですが、充電満タンでスマートフォンをめざまし替わりに枕元に置いて寝て、
翌朝、気が付きました。

電池が半分になってる。。。

寝ている間に、メールアプリの自動同期などでかなり電池を消費します。

寝る前に同期オフ、使用しないアプリを停止しておかないと、朝の出発時に困ってしまいますね。

スマートフォンは電池残量との戦いですから。

充電器に挿しておけばいいかもです。

のちほど、アプリでバッテリー消費を抑える方法について
記事をアップしようと思います。
まだ、アプリの検証中なのです。
効果がある方法をおすすめしたいので。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ